製品情報

home > 製品情報 > レーザー加工・ウォータージェットシステム > マスターレーザー ML-1000N

マスターレーザー ML-1000N

写真

>>カタログをダウンロード[PDF:885KB]

ヘッド移動式で従来の1/3の設置スペース

  • 光路長をプログラムで制御することにより、ヘッド移動タイプでありながら安定した溝幅が得られます。
  • ヘッド移動タイプにより、テーブル移動タイプの約1/3の設置面積を実現しました。
  • 加工テーブルサイズが、1,200mm x 2,050mmの場合、設置面積は約2,400mm x 4,000mm x 1,450mmです。
  • レーザーガスはボンベ1本で約2ヶ月使用できます。
  • 通常のダイボード素材のみならず、ステンレス、ABS樹脂といった素材にも最高の加工精度が得られます。
  • X軸及びY軸または、板目に対して溝幅の自動調整ができ、刃厚に対して最良の溝幅が得られます。
  • ダイボードの含水率を重量におきかえてデータベースに登録することによりダイボードの特性にあった加工ができます。(特許取得済み)
  • CAD-MARKシステムを使用することにより、自動的にレーザー出力・加工速度を制御し、ダイボードに最適な加工を行います。
      また、レイアウト作業の自動化によりダイボードのロスも最小限に抑えます。
▼マスターレーザーの主要構成装置
  • レーザー発振器
  • NC装置
  • 固定テーブル
  • 移動ヘッド
  • 冷却循環装置
  • 集塵機
  • コンプレッサー
  • エアードライヤー
▼マスターレーザーの主な製品
  • 写真

    紙器抜型面板セット

  • 写真

    各種工業用抜型

  • 写真

    パズル・シール抜型

  • 写真

    レーザーカットサンプル

  • 写真

    紙器抜型

他に平板・ロータリー型用レーザー加工機も提供しています。

  • 写真

  • 写真

    ロータリー抜型