製品情報

home > 製品情報 > 刃材加工機システム > マスターカッター

マスターカッター

写真

人手を全く必要としない完全自動切断機
抜型のノウハウをすべて詰め込んだCADシステム
CAD-MARK刃材加工システムにより大幅な作業効率アップを実現します

>>カタログをダウンロード[PDF:2.16MB]

  • 刃材加工
  • 自動曲げ機に関わる基本特許

CADデータオンラインシステムによる高精度抜型刃物自動切断機

  • 「刃材加工」にて生成された刃材データにより自動切断します。
  • 抜型1版分の刃材と罫材をセットし自動運転します。
  • 各刃材パーツの組み合わせによる歩留まり計算を行い、ロスを最小限に抑えた切断をします。
      (パーツ番号順の切断に比べ20~30%の刃材ロス削減)
  • 切断金型は「まくら付き」「正乗せ」「逆乗せ」「直切り」の4種類。(特注金型可)
  • 切断金型の「まくら位置」は刃材の高さに合わせて1/100mmで自動調整します。
  • ブリッジ切断はベニヤの厚みに合わせた深さに調整できます。
  • ブリッジ金型は「6mm幅(標準)」の他「3mm幅」「特注幅」が選択可。
  • 異ピッチのミシン刃を加工できます。(最小幅 1mm)(オプション)
  • 切断金型、ブリッジ金型の交換は簡単に行えます。
  • 空気圧を使用することにより、油圧プレスのような油の供給や油汚れなどはありません。
▼各金型の再研磨を管理

マスターカッターの各切断金型、ブリッジ金型が消耗すれば、当社にて再研磨を行います。
すべての金型には管理番号を記入しており、金型寸法、顧客名、再研磨の回数などをデーターベースで管理しています。
新品の購入時期もお知らせします。

  • 写真

    直切り金型

  • 写真

    乗せ金型

  • 写真

    高精度金型を作り出す、本社第一工場